10年落ち低年式車を下取りに出す前に必要なこと

買取時のローン残債の処理

自動車はローンで購入されている方が多いと思います。ローン返済後の車の購入であれば、旧車の支払いの必要はないので、問題はないのですが、万が一ローンが残っている場合に新たな自動車を購入する際にはどのようにしたらよろしいのでしょうか? 基本的には、ローンを清算することが必要です。

ただ、自動車の買取価格がローンの残債以上であれば、買取金額を残債に充てることができます。たとえば、ローンの残債が50万円あり、買取価格が100万円だった場合には、買取業者が50万円をローン会社に支払って、残りの50万円分の支払いを受けることができます。支払わなければならないローン残債ですので、手続きを買取業者が対応してくれることは、とてもありがたいことです。

ちなみに、ローンの残債より、買取価格が安かった場合には、全てのローン残債に買取価格を充てることができませんので、不足分はご自身で負担することになります。そして、ご自身の負担額が大きい場合には、改めて分割で新規にローンを組むことになります。その他にも対応方法はあると思いますので、買取業者にしっかりと相談されると良いと思います。

買取業者によっては、残債用の独自ローンの取扱いをしている業者もあります。ローン残債の返済が完了をしていないのに、また新たに自動車ローンを組むということは、経済的な負担が大きくなってしまいますので、いくら新たな自動車が欲しくても、ローン完済までは、今の自動車に乗り続けることも大切なことだと思います。

とはいえ、家族構成の変化など止むに止まれぬ理由もあるかと思います。そういった場合でも面倒な手続を一手に引き受けてくれる大手の買取業者の存在はありがたく上手に利用したいものです。

買取決定時の売買契約の流れ >>(戻る)

リセールバリュー >>(次へ)

驚くほど簡単に複数の査定が受けられます。そして、下取りや各社の査定額の差に驚くことになるでしょう。自動車ローンの何回分になるでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Page Top