10年落ち低年式車を下取りに出す前に必要なこと

トヨタのロゴ画像

初代の中古のプリウスを売りたい、買いたい。バッテリーが心配なんだけど…

 
中古プリウスに関心がある人は多いと思います。
 
そして、売りたい方も買いたい方も、中古ですからバッテリーには不安を感じています。
 
いまどきの中古車なら、10万キロ越え、10年落ちといった程度では、買いたい、売りたいを問わずあまり影響はないでしょう。
 
しかし、それがプリウスやリーフなどハイブリッドカーとなると注意が必要となってきます。
 
トヨタの場合、駆動用バッテリー(走行用バッテリー)は10万キロか、新車登録から5年間の早いほうが保証期間です。
 
ちなみに、トヨタの公式サイトでは駆動用バッテリーに関してこのように書かれています。

駆動用バッテリーには寿命があります。
寿命はクルマの使い方、走行条件により異なります。
保証は新車を登録した日から5年間です。
ただし、その期間内でも走行距離が100,000kmまでです。

 
しかし、プリウスを大量に(20台)に導入したタクシー会社の一例ですと、20万キロぐらいから燃費が落ち始めるそうです。そして、30万kmを目安にほとんどのバッテリーは使いものにならなくなったそうです。
 
タクシー会社ですから、日々の整備はきちんと行われたに違いありませんが、意外と駆動バッテリーはタフネス。
 
買い替えまで駆動用バッテリーの交換を経験しないユーザーさんも多いかもしれませんね。
 

ただし、メインの駆動バッテリー以外にも、補機バッテリーも使っていて、そちらの交換は3〜5年での交換が一般的です。
 
その金額も、3〜6万円とこれが安くはありません。
 
また、パワーコントロールユニットの故障が、10年以上経ってくると不安材料となります。
 
これは、40万円以上掛かると言われ、車買取業者も嫌っていて、プリウスといえども査定提示額が厳しくなるようです。
 
つまり、プリウスを買いたい人でも、あまりに古いプリウスは敬遠するか充分に調べてからにしましょう。
 
逆に、プリウス(アクアも同様)を売りたいなら、10万キロや10年落ちになる前に乗り換えたほうがよいでしょう。
 
また、売る際には現状での売却を保証させることです。
 
中古車買取業者には、独自のクレーム保証など、売却後のクレームに関して売ったオーナーには一切責任が発生しない保証があります。
 
買取り車、全てに対して保証してくれる業者もあります。
 
もちろん、実際に車を見て責任を持って査定するわけですから当然ともいえるのですが・・・
 
しかし、車の過去に対して悪い点に関しては余すことなく申告するのが義務ですが、うっかり忘れてしまうこともあり、そんなに簡単なことではありません。
 
いいえ、出来ない売り主が大半です。
 
そこを突いてくる買取り業者もあるようです。
 
 
例えば、ビッグモーターのように保証料を取るところもあります。しかし、逆に支払っていれば明確になるのでトラブル防止になります。
 
 
低年式のプリウスのようなハイブリッドカーの売買には保証に加入するなり、責任の範囲を明確にすることはマストだと思います。
 
そうしないと、年間のガソリン代は安くなっても、故障時に大変な目に遭うことでしょう。
 
そもそも、ハイブリッドカーは本来の車格よりはハイブリッド部分が上乗せされています。
 
同じ車種でも、ガソリン車よりディーゼル車が高いのと似ています。
 
さらに、ハイテク化(ブラックボックス化)された車は、軽トラックよりも圧倒的に複雑に成らざるをえません。
 
故障する割合も多くなります。
 
それに、その修理も、所謂、直すというより壊れたパーツの交換だったりして割高です。
 
 
ちょっとだけ視野を広げてみますと、ハイブリッド車以外の燃費も相当よくなっています。
 
いまではハイブリッドのみがエコなわけではありません。
 
ひとまわり小さなガソリン車も車選びの際に考えると良いかもしれません。
 
選択肢がすこし広がり、あなたらしいクルマ生活がスタートするでしょう。
 
その上でプリウスも大いに結構!
 
「あなたらしい」って大切かなって思いますよ。
 
 
10年落ち低年式車下取りTOPページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Page Top